このエントリーをはてなブックマークに追加

被相続人から
相続又は遺贈により財産を取得した者が,
相続開始前3年以内に
その被相続人から贈与により財産を取得している場合には,
その贈与により取得した財産のうち贈与税の課税価格計算の基礎に算入されるも
の(特定贈与財産を除く。)の価額を
相続税の課税価格に加算した価額を
相続税の課税価格とみなす


上記課税価格を基礎として相続税額を計算し,
相続税の課税価格に加算された受贈財産に対して課税された贈与税額は,
その相続税額から控除する贈与税額が
相続税額を超える場合であつ
ても贈与税額が還付されることは
更正の請求等の場合を除きないと思われます。


相続を放棄した者又は相続権を失つた者が
被相続人を被保険者及び保険料の負担者とする
生命保険金を取得した場合には、加算の対象になる。


相続開始前3年以内に贈与によつて取得した財産の価額を
相続税の課税価格に加算した場合においても、
その加算した財産の価額からは
(法第13条第1項又は第2項に規定する)
債務控除はしないのであるから留意する
したがって債務が相続財産より多い場合でも
その加算された贈与財産のみが相続税の課税対象になる場合がある。