このエントリーをはてなブックマークに追加

同居している場合や

生計を一にしている場合には,

非課税になる可能性がある


それ以外の場合には,

相続税や贈与税の課税対象になる可能性がある。